Mooter
WWW検索 ビタミン博士内検索
 












 Vitamin K   
     
 
ビタミンKとは?
ビタミンKはニワトリの出血予防因子として発見された、血液凝固に関わるビタミンです。ビタミンKの特徴としては、他の脂溶性ビタミンと異なり体内での蓄積性が低いということが挙げられます。その為、常に食事などを通して摂取しないといけません。
 
ビタミンKの役割
ビタミンKの最も大きな役割は血液凝固因子の活性化です。また、骨の形成を担う分子との関係も報告され骨形成の促進を担っているようです。血液凝固作用をもっているため抗凝固剤を服用しているヒトはビタミンKを摂取しないほうが良いでしょう。
  
ビタミンKを多く含む食品
緑黄色野菜(にんじん・ピーマン・かぼちゃ・ほうれん草・小松菜)・食物油・マーガリン・納豆・鶏卵・青海苔
 
ビタミンKの豆知識
ビタミンKも生体内の腸内細菌によって産生されています。その為、抗生物質などにより一時的に腸内細菌が生体内から消滅すると欠乏症に陥ることが指摘されています。抗生物質などを長期投与した後は、腸内細菌の豊富なヨーグルトや納豆、乳製品を摂取することを心がけたほうが良いでしょう。
 
ビタミン博士のおすすめビタミンK
キリンヤクルトネクストステージのカルシウム+MGはカルシウムとマグネシウムを2:1で配合。さらにカルシウムをサポートするビタミンK・Dを配合。おいしいヨーグルト味のタブレットです。
サントリーは、骨の形成を助けるビタミンKに加え体内吸収性にすぐれたニワトリの卵の殻を原料としたカルシウム、カルシウムの吸収をサポートするキシロオリゴ糖、ビタミンDを配合。骨量アップと健康維持はこれで万全です。












 



   Copyright © 2007-2008 ビタミン博士 All rights reserved