Mooter
WWW検索 ビタミン博士内検索
 








 Vitamin H   
    

ビタミンHとは?
ビタミンHとはビタミンB7、ビオチンとも呼ばれるビタミンです。
ビタミンB群のところで多少触れましたが、色々と他のビタミンB群とは異なるところがあるのでここで説明します。
単離された経緯は、卵白の大量摂取によって起こる実験動物の皮膚炎を予防する因子として単離されました。幾つかの報告によって、ヒトのアトピー性皮膚炎を予防する効果が明らかにされています。

 
ビタミンHの役割
ビオチンは糖新生やアミノ酸代謝、脂肪合成、エネルギー代謝に関わっています。ビオチンが欠乏すると、体重の減少や脂漏性の皮膚炎などが生じます。ビオチンは水溶性で体内蓄積性がないので過剰症などの報告は少ないです。
  
ビタミンHを多く含む食品
ビオチン=ウシ肝臓・大豆・卵黄・蜂蜜
 
ビタミンHの豆知識
ビオチンは食品ばかりでなく生体内の腸内細菌によっても産生されています。その為、一般のヒトでは欠乏しにくいとも言われています。しかし、抗生物質などにより一時的に腸内細菌が生体内から消滅すると欠乏症に陥ることが指摘されています。抗生物質などを長期投与した後は、腸内細菌の豊富なヨーグルトや乳製品を摂取することを心がけたほうが良いでしょう。
 
ビタミン博士おすすめのビタミンH
 
12種類のビタミン、10種類のミネラル、果実酸(クエン酸・リンゴ酸)が一度に摂れます。毎日の食生活で不足しがちな栄養成分をまとめて手軽に補給できます。
ビオチンは、1日1粒50μg含まれます。・肌荒れが気になる方、白髪、脱毛が気になる方はβ-カロテン、B2、B6、ナイアシンを併せて摂ると、更に健康に期待が持てます。







ニチレイフーズダイレクト

ニチレイフーズダイレクト







AVON(エイボン・プロダクツ)





   Copyright © 2007-2008 ビタミン博士 All rights reserved