Mooter
WWW検索 ビタミン博士内検索
 












 Probiotics   
      
 
プロバイオティクスとは?
プロバイオティクスとは、腸内細菌(腸内に生着しているさまざまな菌の集団)のバランスを改善することにより生体に有益な作用を及ぼす経口摂取可能な生きた微生物のことを言います。対立する言葉としてアンチバイオティクスがあり、これは抗生物質や抗菌剤のことを指します。
ヒトの体には、無数の細菌が常に共生しています。皮膚・呼吸器・口腔・小腸・陰部などに多く、それぞれの部位に特有の細菌群が分布しています。通常、これら細菌はヒトに対して病原性を示さないばかりか、病原細菌から身を守ってくれたり、消化を助けてくれたり、人体に有益な分泌物を産生したりしています。
病原性細菌に感染し、抗生物質を服用すると下痢をしたりするのは、これら有益な細菌まで抗生物質により殺菌されてしまうのも一因だと言われています。また、通常の生活でも、偏食や絶食をしているとこの腸内細菌のバランスが崩れて体調が悪くなることもあります。
プロバイオティクスなんてお腹の調子だけだよと思っている方も多いようですが、色々な体の事に関係しています。
 
プロバイオティクスによる生体防御
最近のヨーグルトのCMで、ピロリ菌を捕食する乳酸菌の様子が流されています。あの映像はCGでもなんでもなく現実の映像です。ピロリ菌と乳酸菌の関係のみに拘わらず、ヒトの体の中ではそういった最近同士の攻防が日々なされています。細菌はヒトの生活している身の回りに沢山存在し、食事や日頃の生活で摂取しています。病原性・非病原性のものがあり、生体内の一定の面積に生着できる細菌数は限られている為、非病原性細菌を多く生着しておけば病原性細菌と接触しても少数ならば駆逐することが出来るのです。また、細菌が生体内で一定数いることで、免疫細胞などが粘膜面で活性化された状態を保つ事も生体防御に寄与しているとの報告もあります。
  
プロバイオティクスによる生体調節
他のビタミンのページを読まれた方は分かると思いますが、腸内細菌は人体にとって有益なビタミンやビタミン様物質を産生してくれます。これらビタミン様物質は体のホルモンバランスを調節したり、色々な代謝を促進したりしています。また、皮膚美容の観点からも、細菌の産生するビタミン様物質のおかげでビタミンCの作用が増強されたり、皮膚炎にかかるのを予防したりできています。
 
プロバイオティクスの利用法
体の内面の環境を整えて美しくなること、これがプロバイオティクスを利用した美容や健康の概念ですが、だがらといって細菌の沢山ついた汚い状態の食物をとるということではありません。ヨーグルトや発酵食品など、由来の分かった細菌などの微生物利用食品を食べて体に生着させることが重要です。
 
ビタミン博士のおすすめプロバイオティクス
ヤクルトといえばプロバイオティクスの草分けです。W乳酸菌サプリメント「ノアレ」のカプセルタイプはビジネスマンなど時間のない方におすすめ。1日1カプセル(目安量)と毎日続けやすいコンパクト仕様です。ご家族でのご飲用におすすめのお得な90日パック2個セットです。
KW乳酸菌サプリメント「ノアレ」のタブレットタイプ。1日1粒(目安量)お菓子感覚で食べやすい、フレッシュなグレープフルーツ味です。お得な90日分(30粒x3個)セットです。お腹のゆるいお子さまをお持ちのお母様、こちらならお子さまでも喜びますよ。
プロバイオティクスと美容の両立を考えた一品。コラーゲン+ミルクセラミド+美容にうれしい3成分をバランスよく配合しています。香料や甘味料は使わず、低脂肪なので健康に気遣う方にもおすすめです。お通じの調整と美容を手に入れてみませんか?
ビフィズス菌+キシロオリゴ糖
腸内環境をしっかりと整えたいかたはこれがお薦め。ロンガム種ビフィズス菌(善玉菌)を独自配合のキシロオリゴ糖が守って増やします。














   Copyright © 2007-2008 ビタミン博士 All rights reserved