カスタム検索
 



 栄養素とは?

 
<栄養素とは?>
栄養素とは、生命を維持するためのエネルギー源や生体を構成するために必要な物質のことを言います。
たんぱく質・炭水化物・脂肪の三つが三大栄養素と呼ばれ、最も大切なエネルギー源・生体構成物質となります。
ミネラルビタミンは三大栄養素ほど量を摂取する必要が無いため微量栄養素と呼ばれ、三大栄養素と微量栄養素を合わせて五大栄養素と表されることもあります。
 
三大栄養素は、酸素(O)、炭素(C)、水素(H)、窒素(N)という細胞の構成材料の供給源なので、
体の成長・維持に必須の物質です。
 
ミネラルは、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)などの無機化合物で、体の様々な酵素反応を促進したり、
体のイオン環境を整えたりするための重要な役割を担います。
 
ビタミンは、様々な生理作用や細胞の生存・増殖に必要な補酵素として重要な機能を担っています。その殆どは生体内で合成することができない為、食物などから摂取しなければいけません。ビタミンが不足すると様々な生理作用が潤滑に行えなくなります。

 
 
 
<栄養素のポイント>
毎日、何かしらの食事をとっていれば、炭水化物・たんぱく質・脂肪が不足することはありません。(例えば、三食をそうめんで済ますなどの極端に偏った食事はダメですが…)
ご飯と納豆と玉子焼きで三大栄養素は十分摂取できます。洋食でも、パンやパスタとバター・マーガリン、スクランブルエッグで十分でしょう。
しかし、
タミンやミネラルについては、偏食や食事を抜かせば不足しがちになりなってしまいます。ビタミン不足は皮膚の調子に影響を及ぼすばかりでなく、老化の促進体調不良の原因になります。食事によるビタミン補給が理想ですが、時間や技術的な要因で食事による普及ができない場合は、積極的にサプリメントや栄養補助食品などでビタミン・ミネラル補給を心がけた方が良いでしょう



   Copyright © 2007-2008 ビタミン博士 All rights reserved